前へ
次へ

家庭教師の携わる内容

家庭教師と一口にいっても、数学や英語の勉強を教える教諭と違い、ピアノなどの音楽を指導する家庭教師、さらに大手企業ともなれば、大人のための家庭教師もつけることができ、生涯教育がマンツーマンで受けることが可能です。
しかし大半が対象年齢10歳からなど、小・中・高校生をターゲットにしています。
生徒宅に赴くため、平日は夕方からの指導が多く、公休には1日に何人もの生徒を掛け持ちする者もいるようです。
基本、自宅での直接指導ですから、必要となる物は持参となります。
それだけに、小学生や中学生の指導が比較的多い傾向、大学受験対策にはそれなりのツール、集中できる空間、受験を想定した雰囲気などが必要で、教室で学ぶようです。
アルバイト教師においては、宿題の答え合わせ及び質問応答から始まるようです。
その日の復習の意味合いもあるのでしょう。
テキストを使用することにより、効率性が増しますし、練習問題で理解度が確認できます。
中学生を担当する場合には、数学・理科・英語が中心になっており、学校の課題補佐という役割です。
未経験、アルバイトでも指導できる理由は、研修制度があること、配布されるテキストに従うだけなのも魅力のようです。

Page Top